ビットフライヤー BTCトレード 月次報告 その2

■ネットで小遣い稼ぎ関連
06 /10 2017
ビットコイントレードの定期報告です。
月次報告と題していますが、適当なタイミングで挙げていきますw

↓過去記事です。
月次報告 その1

↓直近3日間のビットフライヤー取引チャートです。
20170609 - b02

一週間ほど前ですが、ソフトフォークの懸念から大暴落が起きました。
その後、320kまで回復しましたが、大口の売りが入り、値動きが崩れ2日かけてガラ傾向価格が続きました。
現在はまたじわじわ上昇回復傾向といったところでしょうか。

現時点での損益
20170609 - b01

先月終わりで約7万プラスでした。
今月スタートしてから・・・
現時点の損益(今月) : +44,447円
累積損益(トータル) : +126,627円

とりあえず、この難しいチャートですがナンピン局面で切り抜けましたwww
着実に利益を上げていってます^^
BTCは強いですねー。
落ちないから逆に怖いくらいです。

さて、触れておきたいことがあります。
2017年8月1日にビットコインのソフトフォークいわゆるBIP-148が行われる予定になっています。

BIP148について公式サイトには下記のようにあります。
“BIP148とは何ですか?
BIP148は、既存のSegWit MASFデプロイメントで既存のすべてのSegWit対応ノードソフトウェア(現在ネットワークノードの80%)がアクティブになるように設計されたUASFです。
引用元:http://www.uasf.co/”


なんのこっちゃ???www

簡単に言うと、SegWitを有効にする変更をかけるということですね。
SetWit???www

SetWitというのは
「この取引が正しいと証明するための署名部分を採掘ブロックから分離して
一度に処理できる取引量を増やす」というものです。

これによって、ビットコインで発生している取引の遅延を解消しようとしています。
いい面のように聞こえますが、悪い面もあります。
それはBIP148を用いるノードと適用していないノードの二つに分離されるので
これが混在することによって問題が生じると言われています。
適用していないノードは古い方式でブロックチェーンを作ったりするので
新しいノードが生成したブロックチェーンと整合が合わず、取引が一見、成功したように見えて
そのチェーンがいつの間にか破棄されるようなことがおきます。

だから、まぁ大問題になると。そーゆうことになるんじゃないの?w
結果、ビットコイン信用ガタ落ち、取引できないじゃん。
となり、大暴落するのではないかと言われているのです。

こんな問題が8/1ですがほぼ決行確定で動いています。
果たして仮想通貨はどうなってしまうのやら・・・。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

gakchan

←TOPページへ更新してます^^
■旧gakchanのブログ(Hatena)

2017.09.09
BF仮想通貨トレード実績(BTC,ETH/JPY)
累積損益:+481,006円(↑UP↑)


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

FANDC.CO.JP Official Web Site
FANDC.CO.JP Official Web Site
©2009 COCKTAIL SOFT ©FANDC.CO.JP
※一部、FANDC製品の画像素材を加工引用しています。これらの素材は他へ転載することを禁じます。