宅配業界の悲鳴 ヤマト運輸

■時事情報関連
02 /26 2017
気になるニュースを挙げていきます。

20170226-01.jpg

宅配最大手のヤマト運輸が悲鳴を上げている。
人手不足と、インターネット通販などのアマゾン系の時間指定タイプの流通事情に限界がきたようである。この内容に対しヤマト側は対応していく構えをみせている。ヤマトは宅配市場において5割近くを占める最大手であり佐川がアマゾンを撤退したことや近年の宅配扱いの事件を受けてヤマトへシフトする顧客が増えたため、てんやわんやな現状であることが浮き彫りになった。昨年は電通の残業労働超過が拍車をかけ、業界全体の労務体制見直しまでよぎなくされている。

簡単に言えば、今までよりも宅配の届く日程がもっと遅くになるわけだ。2日で届いたものが倍の4日くらいになるとか、そんなイメージであろう。街の声も同情の意見が多く、あたりまえのような今の宅配スピードに異議を唱える人も多い。それは労働者へのストレスが安全運転、安心感へ変わっていきよい方向に向かうのではと期待もされている。ただ、いままでネット通販であたりまえのように消費していたユーザーからの不満が出ているのも事実。今後の動きに注目したい。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

gakchan

←TOPページへ更新してます^^
■旧gakchanのブログ(Hatena)

2017.09.09
BF仮想通貨トレード実績(BTC,ETH/JPY)
累積損益:+481,006円(↑UP↑)


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

FANDC.CO.JP Official Web Site
FANDC.CO.JP Official Web Site
©2009 COCKTAIL SOFT ©FANDC.CO.JP
※一部、FANDC製品の画像素材を加工引用しています。これらの素材は他へ転載することを禁じます。