NASA 小惑星プシケを地球へ持ち帰る計画 100京円の価値w

■時事情報関連
05 /28 2017
秒刊サンデーより
夢とファンタジーあふれるニュースです^^

20170528 - 00

NASA(アメリカ航空宇宙局)は約10,000兆ドルの価値があるといわれる小惑星の探索に乗り出すようです。
この小惑星は鉄やニッケルその他プラチナなど希少価値の高い金属で構成されており
まさに「宝の山」だそうです。
しかし問題はどうやって持ち帰るのか?www

20170528 - 01

NASAが探索しようとしている16プシケと呼ばれる小惑星。
この星の成分ですが構成として鉄、ニッケル、貴金属で出来ていることが既に判っているそうです。
貴金属は「プラチナ」など高価なものも含まれるので、星全体が希少価値の高い鉱物でできている
と考えても良いのかもしれません。

20170528 - 02

火星と木星の間の軌道を公転しており、小惑星帯の中では13番目に大きな天体です。
そんな宝の山の探索に乗り出したNASAは、どうやら2022年にこの星を訪れるということです。
もしこれを地球に持ち帰れば大変なことになります。

もし持ち帰れば地球の価値にして「1京ドル」。
現在1ドルが111円ですので、日本円にしておよそ100京円の価値があるという天文学的な数値になりそうです。
おそらく地球上の預金を全部集めても到底及ばないとんでもない価格になるでしょう。

ただ、突如膨大な金属が地球上に増加したことで
世界中の鉄やニッケルなどの鉱物の価値が著しく暴落し経済崩壊を招く恐れもあります。

となれば、この星を持ち帰ることは色々な意味で大変危険です。
もっと根本的に地球に衝突させた場合の衝撃による地球への影響。
地球の自転、公転周期の微妙な変化による自然現象の悪化。生態系の変化。
我々が想像もできないような地球外生物や微生物の存在による悪影響。

・・・とはいえ、火星近くにある小惑星を地球に持ち帰るなんてどうやって実現させるのでしょうか。
やり方としては持ち帰るというよりも、軌道をずらして地球の衛生として捕まえる。
大きさは250kmぐらいありますので、軌道をずらすにしても膨大なエネルギーが必要になりそうです。

いずれにせよ2022年に探索が始まり成分も特定できているということなので
これから多くの分析や検証などがおこなわれていくはずです。

ですが、大変興味深い内容でスペースファンタジーさながらの内容ですね。
スポンサーサイト

弾道ミサイルへの対応が不安、甘い!とネットの声

■時事情報関連
04 /22 2017
秒刊サンデーより
北朝鮮が慌ただしく動いております。
あの国ですから、やることなすこと怖いです。
20170422 - k01
アメリカへの挑発が止まりません。
ペンスさん怒ってますねー^^;
本当に近々なにか起こりそうで不安です。

↓首相官邸サイトが緊急時の対応、避難などの情報を発信しています。


まずJアラートで「特別なサイレン音」とともにメッセージを流すほか、
緊急速報メール等により 緊急情報をお知らせするとのことです。
↓具体的なアラート内容はこちらです。


これをうけて我々国民は以下のように行動
1. 近くのできるだけ頑丈な建物や地下街などに避難する。
2. 近くに適当な建物がない場合は、物陰に身を隠すか地面に伏せ頭部を守る。
3. できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動する。
4. 行政からの指示に従って、落ち着いて行動してください 。
以上。

この内容にネットでは「これだけ?やばくない?」など余計に不安の声が寄せられております。
確かにこれだけでは確実に身を守る方法としては貧弱のような気もします。
シェルターに隠れる等の方法もあればいいのですが、そもそも現時点では無いので。
この内容から察するに「自分の身は自分で守れ」ということに尽きます。
そもそも有事ですので。

~ネットの反応~
・ この程度のお知らせで政府はミサイル対応をしたと言うのでしょうか?
・ 危機管理能力が低いと思えます
・ 建物に避難してどうにかなるものなの?
・ 日本には地下シェルター何かありませんよ
・ 渡航に関しても注意を喚起したほうがよいのではないでしょうか。
・ マジか?これだけってヤバくない???
・ 無理に長生きしようとは思ってません
・ こういう内容は万が一であったとしても、知識としてあるに越した事はないですね!
・ 興味がない人は存在を知らず知らないから見にも行かず、見に行ってもどこから読んでいいか分からないから、そこにある有益な情報を活用できない。
・ こんなの、なんの役にもならない
・ 「いや、魔砲…魔法少女が魔法で迎撃するでしょ」とかそんな感じの海外の反応ありそう。
・ まったく意図が読めないんですが
・ 朝鮮半島有事・臨戦状態は、このまま数年続くかも…
・ いよいよ差し迫った感あるな
・ pdf見れない…w

官邸からの正式情報とはいえ、さすがにちょっと対応としては詰めが甘いと思います。
ミサイルや攻撃がこないように努力してくれよw
もっと前段処理の方法をしっかり考えてほしい。

ユナイテッド航空引きずり降ろし事件 レゴ化で話題!

■時事情報関連
04 /15 2017
秒刊サンデーより
20170415 - 01

レゴ職人がいち早く反応しました^^
こちらの事件も即レゴ化www
とはいってもおそらく公式ではなくファンの作成したものですが。。。

20170415 - 02

このアジア系の男性、ニュースで見ましたが、血流してましたよね。
酷過ぎる。。。
事の発端はユナイテッド航空側のミスと報じられています。
座席予約のオーバーブッキングが発生してしまったとのこと。
一般客よりもユナイテッド社員の搭乗が優先されてしまったようで。
何も知らないこの男性客は、無理やり引きずり降ろされ必死の抵抗。

この件からにユナイテッドは猛烈な批判に晒されています。
TOPの謝罪会見がありましたが、怒りは収まらない様子。
いまも、チケットの不買運動や搭乗拒否が全世界で行われているようです。

とは言えこの状況だけを見れば、おそらく「おじさんが悪いことをした」と子供たちには映るでしょうね。
印象とは大事なことだと考えさせられます。
_

アメリカ発 世界最長のU字型ビル 設計計画発表!

■時事情報関連
03 /28 2017
秒刊サンデーより

世界一、という言葉のいかにわかりやすいことか。「とりあえずすごい」ということが一目でわかる。
あらゆる夢が現実になる可能性を秘めた街ニューヨークで、また一つ、とんでもない計画が正式発表された。
U字型の、世界一長いビルを作る計画だ。
20170328 - b01

その名も「The Big Bend」。
このビルは、文字通り「曲げられた」ビルなのだ。
ビ、ビルって曲がるものだっけ……?
ニューヨーク市から正式に発表されたこのU字型超高層ビル建設の計画。
もしこれが本当に達成されれば、建築の世界の限界を破ることになるだろう。
20170328 - b02

このThe Big Bendは、世界的に有名な建築設計チームOiio Studioによって計画が進められており、
もし成功すれば世界一長いビルになる。
20170328 - b03

設計チームは
問題は法律や条例だったが、そちらを「曲げる」のではなく、
私たちのビルを「曲げる」ことができればいいじゃないか、と思いついたんだ。
そしたら法律を迂回することができるからね。
と話している。

しかし一体このビル、どうやって「カーブ」のところを行き来するんだろうか。
なんとこの疑問にも、既に答えが出ているのだ。

もちろん、ループ部分とカーブ部分を走行できるエレベーターが必要になる。
我々は独自のエレベーターシステムを展開し、それを可能にすることができる。
20170328 - b04

つまりループ部分は飾りではなく、実際に人が行き来できるというのだ。
これはアトラクションとしても多いに魅力的な建物となりそうだ。

アメリカはすごいですね。
まだ随分先の話ですが、楽しみです。

マリオカートをハッキング 実車と接続する強者登場w

■時事情報関連
03 /26 2017
秒刊サンデーより

マリオカートと実際の車を接続してしまったというとんでもない試みです。
難しそうな話ではありますが、早い話マリオカートを車というコントローラーにして動かすということだけのことです。
「だけ」とはいえ、それなりの知識が必要になるかと思うので、結果的に「凄いね」ということになるわけです。
20170327-03.jpg


動作させているのはマリオカート64です。
見た感じマリオカート64のエミュレータと実際の車を接続しているようですが、
ゲーセンにもあるようなマリオカートの筐体のようになっております。
20170327-04.jpg

接続には「Raspberry Pi」という小型のコンピュータとホンダCR-Vを繋げております。
父と息子のスーパープログラマーが渾身の大人のゲームを完成させております。
20170327-05.jpg

↓映像はコチラ↓
You tube

すごい暇な人だ^^;
でも、ご立派www

gakchan

←TOPページへ更新してます^^
■旧gakchanのブログ(Hatena)

2017.09.09
BF仮想通貨トレード実績(BTC,ETH/JPY)
累積損益:+481,006円(↑UP↑)



FANDC.CO.JP Official Web Site
FANDC.CO.JP Official Web Site
©2009 COCKTAIL SOFT ©FANDC.CO.JP
※一部、FANDC製品の画像素材を加工引用しています。これらの素材は他へ転載することを禁じます。